最短!効率的にセフレを作る方法!

やっぱり最短最速でセフレを探すには出会い系サイトが一番だね。
出会い、というかエッチな出会いを求める女子がたくさん集まってるから、話が早い!昔はストリートでナンパしてたけど、もうそんな時代じゃないよね。

ストリートナンパは大変だったよ。。そもそもなんだけど、街に遊びに来てる女子って何かしら目的・用事があるわけで、知らない男に声かけられて着いて行くほど暇じゃないよね。100人近くに声をかけて、成果ゼロって日が全然ある。絶望感に打ちひしがれながら、1人で飲みに行き、それから風俗へ。。風俗には風俗の良さがあるんだけど、素人女子とは違うんだよね。

今は出会い系サイトが本当の意味でスタンダードになってきてるから、セフレ探しが簡単になった。出会い系サイトって怪しい・怖いってイメージを持ってる人も多いかもしれないけど、それは一部の話であり、大手の老舗サイトなら安心安全!

大手サイトにはサクラがいない。大手サイトの場合、雑誌に広告を出したり、街中のビル看板広告、宣伝トラックなどでプロモーションして、そこからリアルに女性会員をゲットしてる。

こういう広告には年間で数億円を使ってるらしい。大手サイトの資金力があるからこそできることだよね。

逆に、資金力のない弱小サイトはこういった広告展開ができないから、比較的安価なサクラを使うことが少なくない。サクラって男子大学生とかがメールオペレーターって名目でやってるバイトだから、時給の支払いだけで済む。あとは、メール数に応じたボーナス賞与とか。大手がやるような派手な広告展開に比べれば、コストを安く抑えることができるよね。

まあでも、大手は派手な広告展開で年間数十万規模の会員を獲得するのに対し、サクラなんてせいぜい100人とか1000人とか。ビジネスの規模が全然違うよね。だから大手はサクラみたいなショボいビジネスはやらない。

大手サイトの中でも、PCMAXはめちゃくちゃオススメ!セフレ探しの王道サイトだ。エッチな男女がみんな登録してると言っても良い。新宿とか渋谷でPCMAXの宣伝トラックを一度は見かけたことがあると思う。圧倒的な量で広告展開してる有名サイト。

PCMAXは雑誌広告もたくさんやってて、ギャル向け雑誌とか、ちょっとエロいレディースコミックとかに広告を出してて、性に奔放な女子が集まってるね。僕がPCMAXで作ったセフレは少なくとも50人は超えてる。毎月3人くらいは新規でセフレ作りできてるね。

サクラがいないのは当然として、24時間365日体制で常時サポート・パトロール監視されてるから、怪しい業者が入ってきてもすぐつまみ出されるのがいいね。

以前、バツイチの子持ちの女性と交際していた事があります。その彼女の息子さんは小学3年生でした。
今となっては苦い思い出ですが、あの頃は自分なりにその子の父親になれればと頑張っていたつもりでした。でも、実際あの子にとってどうだったのかは分かりません。結局彼女とは別れてしまったので子供には家庭を引っ掻きまわしただけにしか映らないのかもしれませんね。

子持ちの女性とお付き合いするというのは、想像していた以上に難しい事でした。彼女の事が好きというだけでは駄目で、彼女の子供にも愛情を注げるようにならないといけないのですから。そして、彼女にとっても一番は子供で自分は二番目。それが絶対的な順位であるという現実をどれだけ受け入れられるかが重要だったのではないかと思います。

自分が一番ではない。その現実を突き付けられながら女性と交際をするというのは想像以上にジワジワと心を締め付けてくるものです。何をするにしても基準は彼女の子供。自分は二の次。それをどうやって受け止めるかが試され続けます。多分、結婚すれば一生続くのだと思います。

でも、当たり前ですよね。逆の立場だったら自分も子供が一番で彼女は二番になるでしょう。それだけ、親というものは子供を愛しているものなのだと思います。その子供への愛情をどれだけ理解して許容できるかが、子供を持つ女性と交際する上で最も重要な点なのでしょう。

自分の子供ではないけれど、それでも彼女と交際を続けていくならばいずれは自分の子供となる存在。その存在を受け入れ、彼女がするのと同じように愛情を注ぐというのはとてもハードルが高いです。だって、一緒に過ごした時間が違い過ぎるのです。1年や2年ではありません。小学3年生なら9歳。9年という時間の差を埋めるには物凄い努力が必要なのだと思います。

もし、あの頃の自分と同じように子供を持つ女性を好きになった人がいるのなら、是非その女性と一緒に子供さんとどう向き合っていけばいいのか相談する事をお勧めします。決して一人で抱え込まず、時間の差があるという事をパートナーと確かめ合い、話し合ってお付き合いする事がお互いを幸せにする鍵になるのではないかと思います。

自分には出来なかった事だけど、世の中にはそれをやり遂げた男性もたくさんいるのだと思うと凄いなと思います。

コメントを残す